山田石材計画 home ホーム sitemap サイトマップ legal 当サイトご利用にあたって
ホーム ストーンスケープ 山と石の風景 石の本の紹介 会社案内  お問い合わせ | リンク | ニュース
ホーム >> 石の本の紹介 >> 晴彫雨読 No.1-20 >> No.11 石の神秘力
晴彫雨読No.11 石の神秘力

 今はどうだか分からないが、つい最近まで、若い女の子のあいだでちょっとした鉱物ブームであった。紅水晶が愛をはぐくむ石だったり、水晶が心を鎮めたりする石だったり、古代から信じられてきた石のもつパワー効果が話題となって広まったものだ。いわゆる心の癒し、ストーンヒーリングと言われるものである。

 ストーンヒーリングという分野は欧米に由来する。古代ギリシャの石を用いた治療が知られているほか、中世に確立された「占星術」や「宝石療法」など近代医学の発達にもかかわらず、民間療法の一つとして絶えること事なく伝えられてきた。実は東洋でも、インド医学や中国医療にも石を用いる療法が1000年以上にもわたって伝えられている。日本でも「薬石」と言う言葉があるとおり、石のもつ力を利用して医療に役にたてていた事実がある。

 「石には何か不思議な力がある」と感じ取っている人も多いようだが、今回ご紹介のこの本、「石の神秘力」はそれを実証するような一冊である。初めてこの類いの本を手にする方には、なぜ古代から石が人々の心をひきつけてきたのかを理解するヒントとなりそうな本である。

 内容は美しい写真とともに鉱物のヒーリング効果のご紹介、解説から始まって、古今東西のさまざまな石にまつわる話題が盛りだくさんに集められている。例えば、今なお謎とされているストーンヘンジ始め、世界各国に残る巨石文明の話、石にまつわるシャーマニズムの話、あるいは日本の古神道の玉が秘める霊的パワーなど、多岐多様にわたり、先入観念を抜きして興味深く読むことができる。

 「石の癒し効果」とか「霊的パワー」というとマユツバ的な印象をもたれる方もあるかもしれないが、水晶のもつ運動エネルギーを利用しているクオーツ時計が広く日常生活に役に立っている事実を考えれば、そんなに抵抗感をもつ必要はないのではないかと思う。
巻末には、「ストーンハンティング」入門の記事や、日本全国の鉱物産地ガイド、石を巡るブックガイド、鉱物博物館ガイド、ストーンショップガイドがあり、この本を手掛かりに他方面から石のことについてアプローチができるようになっているのが嬉しい。

本のデータ
書籍名 / 石の神秘力(1994年)
著 者 / 別冊歴史読本 特別増刊
体 裁 / A5版 259ページ 価格 1,800円
発行所 / 新人物往来社 TEL 03-3212-3931



 石の本リスト
 晴彫雨読 No.1-20
  No.1 石屋史の旅
  No.2 中世 祈りの造形
  No.3 石橋は生きている
  No.4 FUKUOKA STYLE VOL14
  No.5 山里に花ひらく高遠の石工
  No.6 石の博物誌
  No.7 闇の中の石
  No.8 京都名墓探訪
  No.9 石の匠 石都鑿の響
  No.10 ケルト・石の遺跡たち
  No.11 石の神秘力
  No.12 石と死者
  No.13 議事堂の石
  No.14 将軍・大名の墓
  No.15 牟礼・庵治の石工用具
  No.16 石の俗称辞典
  No.17 石垣普請
  No.18 不思議な石の話
  No.19 石ころの話
  No.20 石のはなし

 晴彫雨読 No.21-40
 晴彫雨読 No.41-60

 石の本の紹介トップへ




山田石材計画(株) Copyright(C) Yamada Sekizai Keikaku All Rigths Resered.